ビジネスパーソンのためのキズキ(キヅキ)をシェアするWEBメディア

トップぺージ > 動画 > とっても感動するタイのCMから考えるアジアの生保市場

動画

とっても感動するタイのCMから考えるアジアの生保市場2015/03/23

3034


タイ保険会社の感動するCM

日本の保険会社のCMはイメージ戦略に基づいたものが多いですが、
このタイの保険会社のCMは物語性がうまく表現されていて見応えがありますね。
タイの30年前と今の生活レベルもうまくとらえています。

こういうCMを制作するくらいですから、それなりに生保市場があるのか気になるところです。そこで簡単に調べたところ、次のような統計が出ていました。

ニッセイ基礎研究所
アジア主要国の生保市場動向

アジアの保険加入者はまだまだ少ない

ポイントを抑えておくと、タイの人口は日本の人口の約半分程度で、生保収入保険料は約50分の1です。ここだけ見ると、かなり少ないように思えますが、同じ表内のアジア諸国と比較するとどちらかと言えば生保収入保険料は高い方になります。

アジアにおける一人当たり収入保険料の数値を見ると日本がトップです。日本は言うまでもなく、保険大国なのです。

日本の生保各社はアジア市場の開拓をしていますが、各国の人々にいかに保険という商品が生活の中で必要不可欠なものと認識してもらえるかにかかっています。

このタイのCMは、そのあたりをリアルに感じてもらうために、上手い手法を使っていると言えるでしょう。


編集者:Kizki(キズキ)編集部 東京都 新宿区
kizkiには、ビジネスパーソンにお役に立つ情報を掲載してまいります。
このサイトはアクセルメディアが制作しています。
類似サイトの制作をご検討ならお気軽にお問合せ下さい。